BS blog Ranking リフォーム徒然日記: 日記

2010年06月23日

マンションのリフォームにあたって構造を把握する必要がある その3

  本日も鉄筋コンクリート構造(RC造)のラーメン構造を取り上げます。
通常のRC造のマンションは純粋なラーメン構造ではなく耐震壁付ラーメン構造が普通です。これは、マンションの住戸計画として隣戸の戸境壁(隣戸界壁)が、重要な構造要素の耐震壁として構造計画されるからです。
 
 
 
  ですから、マンションのリフォームにあたって、ラーメン構造の柱・梁と同じく重要な耐震壁としての戸境壁を意識する必要があります。
こちらも宜しくお願いいたします
   マンションリフォーム術
スポンサードリンク



posted by リフォーマー at 20:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

マンションのリフォームにあたって構造を把握する必要がある その2

  本日も引き続き、マンションの構造として鉄筋コンクリート造を取り上げます。鉄筋コンクリート造の場合は主な構造形式にラーメン構造と壁式構造がありますが、ラーメン構造は以下の図のように柱と梁で構成され、柱と梁が剛に接合されることによって、地震時や風などの水平の力に対して粘り強く抵抗する特性があります。 
 
  たいていのマンションは、主にこの構造形式をとっております。しかし、正確には隣戸界壁を耐震壁とよばれる構造要素とし、この壁に重要な働きを任せているので、純粋のラーメン構造(純ラーメン構造)ではなく、耐震壁付ラーメン構造となっています。
  次回は、通常のマンションにみられるこの耐震壁付ラーメン構造についてお話したいと思います。
こちらも宜しくお願いいたします
   マンションリフォーム術
スポンサードリンク
posted by リフォーマー at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

マンションのリフォームにあたって構造を把握する必要がある

 マンションの構造には鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、鉄骨造(S造)があります。
さらに鉄筋コンクリート造の場合は、ラーメン構造と壁式構造があります。これらの構造には、それぞれの特殊性がありますのでリフォームの際には自分の住んでいるマンションの構造方式を知ることがとても重要なことになします。
  鉄筋コンクリート造とは、鉄筋とコンクリートの構成による構造体のことで圧縮の力に対してはコンクリート部分が担い、引っ張り力に対しては鉄筋が担います。
 
 
 
 
 
 この引っ張りに強い鉄筋の性質と 圧縮に強いコンクリートの性質を兼ね備えている構造体としての鉄筋コンクリート造は、 それぞれの力を発揮するので、非常に高い強度を 持っています。また高い耐火性、耐震性を示します。
こちらも宜しくお願いいたします
   マンションリフォーム術
スポンサードリンク

posted by リフォーマー at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。